製品案内
 

メタレックス・センサ MK525

戻る
   

メタレックス・センサ MK525はコイルを内蔵したハウジングとマグネットを封入したロータ
から構成されております。高圧ラインでの使用が可能となっています。
メタレックス・センサを配管に取付け流体を流せばロータが回転し
流速に比例した正弦波信号が発生します。この信号を各種受信計器に入力し
流量指示、積算、警報、アナログ変換をし各種コントロールを行います。
メタレックス・センサは専用の金属取付金具を使用するだけで既設金属配管、新設配管
にと幅広く使用でき測定流体の条件に最適なものを選択できるようになっております。


MK525-2

MK525



仕様
型   式 MK525
測定流体 液 体 (気体、蒸気は不可)   (水相当の粘度の液体)
測定範囲 0.5 〜 6 m/sec
精   度 (直線性)±2%F.S.  (再現性)±1%F.S.
出力信号 0.5V P-P/1m/sec 正弦波電圧パルス AC波形
最高使用圧力 10MPa(G)/20℃
使用温度範囲 −10 〜 +60℃
ケーブル長 (標準)7.5m (オプション)MAX30m
付加部品 取付金具付き フランジ短管 面間500mm 、 溶接金具
 
測定できる液体の粘度は水相当の 1cP に限られます。出荷時の流量試験は水でおこないますので
実際に流れる  流体の粘度が 1cP 以外の場合は流量誤差が発生しますが、粘度の異なる液体での流量誤差
についてのデータ はありませんので、あらかじめご了承ください。

型式 適用口径 材質
ハウジング ロータ シャフト
MK525-2 15A〜125A SUS316 CB7Cu-1 Alloy
(ステンレス鋳物)
SUS316
MK525-3 150A〜300A


端子ボックス付きセンサ型式・材質表
型式 適用口径 材質
ハウジング ロータ シャフト
MK525T-2 15A〜125A SUS316 CB7Cu-1 Alloy
(ステンレス鋳物)
SUS316
MK525T-3 150A〜300A

MK525 、 MK525T

MK525


MK525/MK525T 溶接取付金具(40A〜300A)
部品番号:WMS200
MK525 溶接取付金具 WMS***

MK525用フィッティング

既設のステンレス管、鋼管に取付金具(SUS304製)を溶接して設置します。

溶接取付金具工事方法はこちら
 


MK525 のセンサ上部に、流れ方向の矢印マーク → が付いて
いますので流体の流れ方向に合わせて、取り付けてください。

逆向きにも取り付けはできますが、逆流量として流量計測はせず
逆に取り付けても正方向の流量として計測します。

ただし、逆方向に流れても流量指示値、流量積算値は正方向と同じ
になりますが、逆方向での流量試験はおこなっていませんので
正確な指示値、積算値ではありません。また逆方向に流れた場合に
マイナス値を示す機能はありません。

MK515  MK525  2536  2537  8150  9900  同一仕様です。



 
MK525 測定範囲(流量表)   配管材質:ステンレスSch20s
センサ型式 MK525
測定範囲 0.5 〜 6 m/sec
口径 L/min
15A 7 〜 78
20A 12 〜 140
25A 20 〜 220
32A 35 〜 380
40A 45 〜 510
50A 70 〜 800
65A 115〜 1300
80A 160 〜 1800
100A 275 〜 3000
125A 415 〜 4800
150A 585 〜 6800
200A 1010 〜 11000
250A 1580 〜 18000
300A 2250 〜 26000
白枠内の測定範囲の中で、流量目盛が1:10になるように設定して下さい。
設定した最大流量の±2%FSが精度となります。


使用上の注意


パドルセンサは液中で4枚のロータが回転しています。流体中に異物、固形物、繊維状異物などが混入して
ロータに固着するとロータが回転しなくなり、流量指示がゼロになったり、流量指示が低下することになります。
このよう状態が見受けられる場合は、配管圧力をゼロとしてからセンサを配管から取り外して、センサを清掃して
から配管に再度取り付けて運転を再開してください。
センサを配管から取り外す場合に配管圧力をゼロとしてセンサ位置の水頭圧がゼロであることを確認してから
センサを取り外してください。水頭が残っているとセンサを取り外す時にセンサが飛び出して危険です。

 


※パドルフローメータご照会のお願い  ご照会の際は下記仕様をお知らせ下さい。   
1.流体名
2.流量範囲
3.圧力
4.温度
5.比重
6.粘度
7.接続方法
8.組合せ計器
9.電源


戻る                                                                     流体工業株式会社