製品案内
 

フロー・トータライザ 8150  (バッテリー駆動型)

戻る
   

モデル 8150 フロー・トータライザは 内蔵リチウムバッテリーにて駆動する外部電源不要タイプです。
各種センサとの組合せで「一体型」及び「分離型」(パネル取付、壁取付、パイプ取付)
として幅広く使用でき、電源工事不要で設置が容易なベストモデルです。
前面4個のプッシュボタン操作で設定変更が簡単に出来、LCDで瞬時流量表示、積算表示します。
一体型として使用する場合は専用センサ 8510 を使用し
分離型として使用する際はセンサ(MK515、MK525)を使用してください。


8150 パネル取付
(パネルサイズ 96×96)
8150 センサ 一体型表示部

8150 パネル取付

8150 センサー一体型



センサ一体型組合せ 8150

センサ一体型
センサ一体型
センサ一体型 PVC短管 組合せ

センサ一体型+PVC短管付き 組合せ
流れ方向は水平、垂直が可能
配管内は必ず満水状態でご使用ください。垂直配管にて上より下方向
に流す場合は満水状態になりにくいのでお薦めいたしません。

 


PVDF Rotor 詳細

 

仕 様
型   式 8150
測定流体 液体専用  (気体、蒸気は不可)
適用液体 上水  排水 工業用水 濾過水 海水 農業用水  (水相当の粘度の液体)
測定範囲 0.3〜6 m/sec センサ:MK515  8510     0.5〜6 m/sec センサ:MK525
精   度 (直線性)±2%F.S.  (再現性)±1%F.S.
表   示 瞬時流量 4桁(上段)、積算流量 8桁(下段)
瞬時流量単位 L/min L/h m3/h m3/min   L/sec    任意
積算流量単位 L     m3             任意
供給電源 DC3.6V リチウムバッテリー  AA-SIZE(単3型) 2個使用
出荷時は2個装填してあります。
(DC 1.5V 単3アルカリ電池では作動しません。)
電池寿命時 約4年間 LCDにて電池マーク表示(交換可能)
出力信号 なし
(積算リセットは外部リモート可能)
 最高使用圧力 (P.P.) 1.2MPa(G)/20℃  (PVDF) 1.4MPa(G)/20℃
使用温度範囲 −10 〜 +60℃
周囲温度範囲 −10 〜 +55℃
使用湿度範囲 0 〜 95% RH (結露なきこと)
ケース PBT ポリブチレンテレフタレート樹脂

備考
1.測定できる液体の粘度は水相当の 1cP に限られます。出荷時の流量試験は水でおこないますので、実際に流れる
  流体の粘度が 1cP 以外の場合は流量誤差が発生しますが、粘度の異なる液体での流量誤差についてのデータ
  はありませんので、あらかじめご了承ください。
 

組合せ表
名称 型式 一体型 分離型
パネル取付 壁・パイプ取付
トータライザ 8150
マウントキット 8050 - -
8051 - -
センサ 8510 - -
MK515 -
MK525 -

◎:トータライザ 8150 は必ず必要となります。
○:マウントキットは一体型(8051)と壁パイプ取付(8050)で型式が異なります。
△:センサは一体型、パネル取付、壁パイプ取付の場合に1種類を選択します。
センサ  2536  8512  2507  との組合せはできません。

 

一体型専用センサ型式・材質表
型式 適用口径 材質
ハウジング ロータ シャフト Oリング
8510-P0 15A〜125A P.P.
(黒)
PVDF
(黒)
チタン
FPM
(バイトン)
 
8510-P1 150A〜500A
8510-V0 15A〜125A PVDF
(白)
PVDF
(白)
ハステロイ−C FPM
(バイトン)

8510-XX  一体型専用センサはパドル・センサ MK515-XX のハウジング、ロータ、シャフト、Oリング
部分と共通です、詳細仕様はMK515と共通となります。


 

型式選定方法
一体型とは配管場所にて流量表示するもので、分離型とは配管場所にセンサ
を設置して 流量表示部分のトータライザ 8150 は別の場所に設置するものです。

トータライザ: 8150
マウントキット: 8050(分離型)  or  8051(一体型)
センサ: 8510  or  MK515  or  MK525
センサ取付具: WTS 、 WTC 、 SPSJ 、 SPVJ 、 などなど
の4点の組合せとなります。

トータライザ型式、マウントキット型式、センサ型式、センサ取付具部品番号
を順番にハイフン−で選定してください。

一体型の例
8150-8051-8510-P0
8150-8051-8510-V0
など


分離型(壁・パイプ取付)の例
8150-8050-MK515-P0
8150-8050-MK515-V0
8150-8050-MK525-2
など


分離型(パネル取付)の例
8150-MK515-P0
8150-MK515-V0
8150-MK525-2
など(パネル取付の場合にマウントキットは不要です。)


以上の組合せ番号にプラスして
口径、最大流量、などを指定ください。

センサ取付具はパドル・フローメータシリーズ メニュー
パドルセンサ取付具をご覧ください。
 


 

パドル・フローメータ測定範囲(流量表 3)   配管材質:ステンレスSch20s
フロー・トータライザ 8150 8150
センサ型式 MK515-XX
8510-XX
MK525-X
測定範囲 0.3 〜 6 m/sec 0.5 〜 6 m/sec
口径 L/min L/min
15A 4 〜 78 7 〜 78
20A 7 〜 140 12 〜 140
25A 11 〜 220 20 〜 220
32A 20 〜 380 35 〜 380
40A 26 〜 510 45 〜 510
50A 40 〜 800 70 〜 800
65A 70 〜 1300 115〜 1300
80A 100 〜 1800 160 〜 1800
100A 160 〜 3000 275 〜 3000
125A 250 〜 4800 415 〜 4800
150A 350 〜 6800 585 〜 6800
200A 600 〜 11000 1010 〜 11000
250A 1000 〜 18000 1580 〜 18000
300A 1400 〜 26000 2250 〜 26000
350A 2000 〜 40000
400A 2200 〜 43000
450A 3000 〜 55000
500A 3500 〜 68000
白枠内の測定範囲の中で、流量目盛が1:10になるように設定して下さい。
設定した最大流量の±2%FSが精度となります。

 

パドル・フローメータ測定範囲(流量表 4)   配管材質:VPパイプ(PVC)
トランスミッタ 8150
センサ型式 MK515-XX
8510-XX
測定範囲 0.3 〜 6 m/sec
口径 L/min
15A 3.6 〜 72
20A 5.6 〜 113
25A 8.8 〜 176
32A 14 〜 270
40A 22 〜 450
50A 37 〜 735
65A 64 〜 1270
80A 85 〜 1670
100A 140 〜 2830
125A 220 〜 4420
150A 300 〜 6000
200A 530 〜 10600
250A 820 〜 16200
300A 1150 〜 23100
白枠内の測定範囲の中で、流量目盛が1:10になるように設定して下さい。
設定した最大流量の±2%FSが精度となります。


使用上の注意


8150 を屋外に設置の場合は、防水目的の「屋根」、「カバー」等の処置をおこなってください。
そのままの状態で屋外に設置すると、ケース内部に雨水などが浸入する場合があり
機器にダメージを与えるおそれがあります。


パドルセンサは液中で4枚のロータが回転しています。流体中に異物、固形物、繊維状異物などが混入して
ロータに固着するとロータが回転しなくなり、流量指示がゼロになったり、流量指示が低下することになります。
このよう状態が見受けられる場合は、配管圧力をゼロとしてからセンサを配管から取り外して
センサを清掃してから配管に再度取り付けて運転を再開してください。

センサを配管から取り外す場合に配管圧力をゼロとしてセンサ位置の水頭圧がゼロであることを確認してから
センサを取り外してください。水頭が残っているとセンサを取り外す時にセンサが飛び出して危険です。

 


 

液体の「流速−流量」計算表(PVCパイプ) 参考資料1  m3/h
流速 口径(下段はVPパイプ近似内径mm)
25A 40A 50A 65A 80A 100A 125A 150A 200A 250A 300A
m/sec 25 40 51 67 77 100 125 146 194 240 286
0.1 0.18 0.45 0.7 1.3 1.7 2.8 4.4 6.0 10.6 16.3 23.1
0.2 0.35 0.90 1.5 2.5 3.4 5.7 8.8 12.1 21.3 32.6 46.3
0.3 0.53 1.36 2.2 3.8 5.0 8.5 13.3 18.1 31.9 48.9 69.4
0.5 0.88 2.26 3.7 6.3 8.4 14.1 22.1 30.1 53.2 81.4 115.6
6 10.6 27.1 44.1 76.2 100.6 169.6 265.1 361.6 638.5 977.2 1,387
白枠内数値は流速時の流量 m3/h です。
センサ種類によって最小測定可能流速が異なりますのでご注意下さい。



 

液体の「流速−流量」計算表 参考資料2  m3/h
流速 口径 (下段はSUSパイプSch20s内径mm)
25A 40A 50A 65A 80A 100A 125A 150A 200A 250A 300A
m/sec 28.0 42.6 53.5 69.3 81.1 106.3 129.8 155.2 203.3 254.4 305.5
0.1 0.22 0.51 0.81 1.36 1.86 3.19 4.76 6.8 11.6 18.3 26.3
0.2 0.44 1.03 1.62 2.72 3.72 6.39 9.53 13.6 23.3 36.6 52.7
0.3 0.67 1.54 2.4 4.1 5.6 9.6 14.3 20.4 35.1 54.9 79.2
0.5 1.11 2.57 4.0 6.8 9.3 16.0 23.8 34.1 58.4 91.5 131.9
6 13.3 30.8 48.6 81.5 111.6 191.7 285.8 408.6 701 1,097 1,583
白枠内数値は流速時の流量 m3/h です。
センサ種類によって最小測定可能流速が異なりますのでご注意下さい。


 


8150-1  バッテリー収納部


塩化チオニルリチウムバッテリー  AA-サイズ(3.6V)
外径Φ14.5mm 長さ50.5mm
交換電池のご用命は弊社にお問い合わせください。
 


 



 


流量停止後の経過時間表示について




流れが止まりロータの回転が停止してから1時間経過すると経過時間( hour )として
瞬時流量ゼロ→経過時間→瞬時流量ゼロ と約15秒サイクルで
上のように表示します。上の例では停止後42時間経過を意味します。
流体が流れ始めロータが回転を始めると経過時間値はリセットされます。
流体が流れているのに、この no FLo 数値が継続して表示される場合はゴミ、異物に
よってロータが回転していないか、センサとの結線が外れている事が想定されます。

 



※パドルフローメータご照会のお願い  ご照会の際は下記仕様をお知らせ下さい。   
1.流体名
2.流量範囲
3.圧力
4.温度
5.比重
6.粘度
7.接続方法
8.組合せ計器
9.電源


 

戻る

流体工業株式会社