製品案内

ガラステーパ管  簡易型流量計 GDR

Back

 

 

GDR は ガラステーパ管を用いて瞬時流量を直読できるシンプルな流量計です。
各種装置への組み込みまたは取付スペースの少ない所への設置に適したコンパクトで外筒材質がステンレス製で頑丈な構造の面積流量計です。


仕様
型式: GDR GDR
接続口径 Rc1/2 (標準)    (Rc1/4  、 Rc3/8)
測定流体 H2O                <標 準>
その他の液体、気体 <受注生産品>
測定範囲 1 :10 (10〜100%)
精   度 ±5% F S
最高使用圧力 0.5 MPa(G)
使用温度範囲 0 〜 +80℃(フロート金属)
0 〜 +50℃(フロートPVC)
0 〜 +70℃(フロートPTFE)
取付方 法 垂直取付
流れ方向 下→上
材    質 本体:SUS304(標準)
テーパ管:ガラス
フロート:SUS304、ルビー、ガラス、PVC、PTFE

 

     ガラステーパ管 簡易型流量計 型式:GDR   型式記号  旧型式:GDF-1 に該当します。

@AB CD E F G H I J K L 型式番号
機種 機能 流れ方向 口径 接続 規格 材質 付加1 付加2 付加3 型式名称
GDR □□ 型式記号
 


 





 



 



 



 



 




 





 
A  付加なし (標準)
C  脱脂処理 (旧:禁油処理C1)
D  禁油処理 (旧:禁油処理C2)
A    付加なし  (標準)
Z    特殊
A    付加なし (標準)
B    バルブ入口側(下)付き (全長は長くなります)
C    バルブ出口側(上)付き (全長は長くなります)
E    SUS304  (標準)
Z    特殊
H    JIS ネジ込み (標準)
Z    特殊
D 規格:H  JIS Rc めネジ (標準)
Z 特殊接続の場合はご相談ください。  特殊
B (1/4B) 全長(面間寸法)172mm   8A (1/4B) (出入り口ブッシング付き)
C (3/8B) 全長(面間寸法)172mm  10A  (3/8B)  (出入り口ブッシング付き)
D (1/2B) 全長(面間寸法)150mm  15A (1/2B)  (標準)
Z    特殊
1    下 → 上 (標準)
9 特殊流れ方向の場合はご相談ください。  特殊
10    指示のみ (本型式ではアラーム機能は選択できません。)


納入仕様書図面の発行につきまして

型式:GDR のお引き合いを頂く場合には、口径、流体名、流量範囲、材質、台数をお知らせください。
流量計をご発注いただき製作する場合には上記型式記号以外に詳細仕様書の「納入仕様書図面」を発行させていただきます。
納入仕様書図面には流体名、流体密度、粘度、流量範囲、流量単位、最高使用圧力、最高使用温度、台数 等の仕様が記入されています。

気体の場合に目盛設定圧力を負圧(真空)での製作はおこないません。


 
GDR  流量範囲
H2O相当流量表
型式 標準流量範囲
L/min
GDR 0.05 〜 0.5
0.1 〜 1
0.15 〜 1.5
0.2 〜 2


 

GDR 外形



標準品は Rc1/2  です、Rc3/8  Rc1/4 はブッシングを付けることで可能となります。
 


バルブ付きタイプ

GDR (Rc1/2)
バルブCV値0.84 の例

記事:バルブ付きタイプにおいては、全てのお客様の仕様
に合うものではありません。バルブCV値をご確認ください。




上記仕様表で規定の最高使用圧力、 使用温度範囲 それぞれの
限度を超えて使用しガラスが破損飛散した場合、人体に危害が加わる恐れがあります。
取り扱いには充分ご注意くださいますようお願いいたします。

衝撃、運搬時落下破損などでガラスが割れた場合は
割れたガラス破片で人体に危害が加わる恐れがあります。
取り扱いには充分ご注意くださいますようお願いいたします。

冬季など、流体が凍結した場合にガラステーパ管が流体凍結膨張により
破損割れが発生して人体に危害が加わる恐れがあります
凍結の可能性がある場合は流体を配管から抜くなどの処置をして下さい。
取り扱いには充分ご注意くださいますようお願いいたします。
 
流量制御を行う場合電磁弁などを用いると、流量の急激な増大によりフロートが
ストッパ部品に突き当たるために衝撃が発生してストッパ部品及びガラステーパ管
にダメージを与え衝撃の度合いによっては破損に至る場合があります。
このような衝撃が発生するような流量制御はおこなわないでください。
取り扱いには充分ご注意くださいますようお願いいたします。


戻る                               流体工業株式会社